タイプ別の不登校対応方法

タイプごとの不登校対応の方法

このページでは、タイプ別の不登校対応方法をご紹介します。タイプと言っても、不登校の原因のタイプではなく、現状で何に困っているか?というタイプです。ステップではこんな風に対応するんだなぁと思っていただければと思います。

 

 

 

 

 

不登校になると、さまざまな困り事が発生しますよね。

趣味ハマりすぎ系(ゲームやりすぎたり、youtube観すぎたり、アイドルにはまりすぎたり、等々)

コミュニケーション系(一人が良い・・・、緘黙(かんもく)、自閉症?、等々)

大人としゃべらない系(先生を拒否、保護者を拒否、思春期?、不登校だから?、親の言い方?、等々)

生活リズム系(昼夜逆転、朝起きれないだけ、長時間睡眠、睡眠障害?、等々)

書ききれないくらいたくさんあります。一覧は下にあります。

困りますよね。

私の時はテレビで、時代劇『八百八町夢日記』や『思いっきりテレビ』の主婦向けお悩み相談コーナーにハマっていました。今思えば可愛いですが、一日の起きている16時間の内、14時間はテレビを観ていたと思います。ヤバいですね。そんな生活を1年間くらい過ごしました。母親は心配していたと思います。

 

そこで、タイプ別のステップ流の不登校対応方法をご紹介します。

私とスタッフの皆が、生徒の回復が行き詰まり、困って、困って、知恵を絞り、なんとかしてきた履歴のような一覧です。

ただ、このタイプは、こうすれば解決する!というものではなく、「ステップではこうする」というだけのものです。
不登校になった経緯や家族関係によっては活用できないものも多いので、その点はご了承ください。

タイプごとの対応方法一覧

この下のリンク先のページでそのタイプのステップ流の対応方法をご紹介します。

・趣味ハマりすぎ系(ゲームやりすぎたり、youtube観すぎたり、アイドルにはまりすぎたり、等々)

・コミュニケーション系(一人が良い・・・、緘黙(かんもく)、自閉症?、等々)

・大人としゃべらない系(先生を拒否、保護者を拒否、思春期?、不登校だから?、親の言い方?、等々)

・生活リズム系(昼夜逆転、朝起きれないだけ、長時間睡眠、睡眠障害?、等々)

・生真面目でやらなきゃ→できないを繰り替えすタイプ

・ルーズで流してしまうために事が進まないタイプ

・ダイエットが行き過ぎタイプ(拒食、過食、嘔吐)

・リストカットタイプ