中学生支援

中学生の方へ サービスの特徴

複雑な問題に対応する

中学生の不登校は人間関係や勉強のつまずきだけではなく、反抗期による家族関係の変化や自己意識の変化など様々に、複雑な問題が絡み合っています。

そんな複雑な問題を、一つ一つに対応し順番に変化させていくのが、不登校支援では大事なのです。

さらに中学後半に差し掛かると、高校進学を考えるに当たりキャリア意識を持っておく必要があります。

ご家族だけでは対応がなかなか難しい部分ですね。

人間関係の困りごとに対策する

クラスの同級生、部活の人間関係、担任の先生や教科担当の先生など、人間関係の困りごとはさまざまな場所にあります。

人間関係の対人関係の性格やコミュニケーションスキルの高さ、遊びの方法、いままでの人間関係やその経験によって変わってきます。

性格や遊びの方法に合わせた、コミュニケーションスキルを身に付けさせることが大事なのです。

ゲームやスマホ依存に対応

ストレスのバランスが悪いと、ゲームやスマホに依存してしまいます。

大きく分けてストレスがたくさん溜まっている場合と、ストレスが低すぎて場合があります。

ストレスがたくさん溜まっている場合は現実逃避やストレス回復のためにスマホやゲームを使っています。
ストレスが低い場合はスマホやゲームから刺激をもらっていることから依存してしまいます。

スマホやゲームの使用時間を制限しても、依存する状態がある限り、依存をやめてはくれません。

スマホやゲームへの依存状態が現状本人とって一番安定した状態だからです。

依存状態から脱するためには、逆にやることを増やすことが有効です。

たくさんの趣味を持つことで、依存状態を安全にやめてくれます。

対人恐怖などで外出できない場合は訪問支援

真面目で優しい性格の子ほど、不登校の罪悪感や他人からどう見られるかに苦しみ、外出ができなくなります。

本人の安全地帯の中であれば、大丈夫そうな人の中では会ってくれます。

本人と価値観のチャンネルが合っている人が訪問することで、会ってくれる確率は飛躍的に高まります。

同じ趣味を同じ目線で語ることができる人は会うことができる場合が多いのです。