不,登校,岡山,おかやま,ステップ,不登校,ひきこもり,引きこもり,登校拒否,家庭教師,個別指導,訪問,カウンセリング,居場所,心理,心療内科,サポート校,高認試験,高校卒業程度認定試験,予備校,学習,勉強,岡山市,岡山県,香川,高松市

不登校 ひきこもりの訪問支援、家庭教師、カウンセリング、社会復帰ならおまかせ。

「不登校ひきこもりになったのは親のせい?」

不登校は親のせい?

不登校は親のせい?

結論から言うと、親のせいである部分はあります。

保護者の方自身も気づいていなかった性格やクセが、その子に移り、コミュニケーションが苦手になってしまうこともあります。

例えば、こんな事例があります。
父親が社会的に優位な立場に居て、自慢を語ることが多い方でした。
そのために、息子が自慢で友だちとコミュニケーションをとるようになり、そのため、友人が少なく、友だちができにくいという事例です。

この場合、こんなことが不登校の原因になるとは思わないですよね。


どうして親のせいと思ってしまうのか?

その想いがどうしてできるのかというと、、、

おそらく、
不登校の事例集を読んだり、体験談を聞いたりすると、
「保護者が頑張って不登校を解決した」というニュアンスのものが多いからではないかと思います。

「保護者が頑張って不登校を解決した。」
本当にその通りで、保護者の方が頑張らないと、不登校は解決しないのです。

ただ、多くの場合、それだけでは不足ですのでご注意ください。


本当に親のせい?

私の両親も自分たちのせいで私が不登校になったのだから、しっかりしなければと思っていました。

私自身の不登校のケースでの原因は、家庭、学校、友人関係、そして運、の4つです。

その悪循環の状況は、誰にもどうしようもない状況でした。

ご家庭に支援に入らせていただいて、この不登校のケースは、事前に分かっていても、不登校回避できたかどうかわからない。と思うことは少なくありません。


もし、事前に預言者がいて、このままだと私が不登校になる、と当時私の家族に言われても、適切に対応できたかどうかはわかりません。

あまりご自身を責めないでください。



戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional